ホームへ


[2015.01.20更新]
この冬のインフルエンザはワクチン効果が高い?小児の6割で発病抑制

 

昨年末の報道によると、この冬に流行中のA香港型インフルエンザについて、15歳以下の小児でワクチンの効果が予想以上に高いことが分かったそうです。

慶応大のグループが11月中旬〜12月中旬に、14医療機関の生後6カ月〜15歳の受診者を分析した結果、接種を受けた小児の約60%に発病を抑える効果が見られました。

そもそも小さい子どもさんは、インフルエンザによって脳炎や脳症などに発展するリスクがあり、予防接種によって、できるだけ発症や重症化を抑えることが望ましいとされています。

寒さや空気の乾燥はこれからが本番であり、受験シーズンも控えています。
健康上もしっかりと準備をしたいですね。


 



レンタルルーム概要
レンタルルーム価格
レンタルルーム規約
レンタルルーム使用申込書
アクセス簡単!携帯サイトのご紹介!
医療開業の道しるべ
医療と食事、そして運動と全てを適える空間、東手城ヘルスケアモール
福山での医院開業に最適の物件です。一歩進んだ“健康”を目指して〜