ホームへ


[2015.01.26更新]
広島の関係機関が子どもの安全を守るための協定を結びました

 

2014年12月22日、広島県と広島市・広島県警が、子どもの安全を守るための協定を結びました。 この協定は、児童の安全を守るため、3つの行政機関の情報を共有し、問題に迅速に対応することを目的としています。

2012年10月、安芸郡府中町で発生した虐待事件では、事件前に子どもを保護していた「こども家庭センター」が母親の元に子どもを戻した後に起きてしまいました。

この時、広島県が所管するこども家庭センターは、府中町に対応の報告を求めておらず、関係機関の情報共有が不十分だったことが指摘されています。

このような協定は全国で行われており、広島県は25例目ということです。
関係機関の連携が強化されることで、これ以上悲しい事件が起こらないことを願います。


 



レンタルルーム概要
レンタルルーム価格
レンタルルーム規約
レンタルルーム使用申込書
アクセス簡単!携帯サイトのご紹介!
医療開業の道しるべ
医療と食事、そして運動と全てを適える空間、東手城ヘルスケアモール
福山での医院開業に最適の物件です。一歩進んだ“健康”を目指して〜