ホームへ
クリニック・ヘルスケア施設

メニュー

  • 東手城ココフル薬局
  • 耳鼻咽喉科 東手城医院
  • もりかわ内科クリニック
  • フジイ眼科
  • 新世代保育所 キッズパーク ファミリエ
  • 昭和レトロ サンキ・ウエルビィ デイサービスセンター福山
  • ジョイフィット
  • 自然厨房穀灯 東手城店
  • 中国新聞文化センター





フジイ眼科
フジイ眼科

What's New

<年末年始の休診のご案内>

下記の期間休診いたします。
休診日:12月29日(木)午後〜1月3日(火)

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご了承下さい。
1月4日(水)から、通常どおり診療を行います。


下記の募集は終了しました

[2016.11.02更新]

【子育てしながらでもOK!】4〜5時間/日で、20時間/週以内のパート勤務看護師の募集※募集を終了しました

  ○正看護師:1500円/時 准看護師:1300円/時

  ○現在子育て中でも、将来は常勤を考えたい方も歓迎です。

  ○隣接する託児所入所に、共同事業所利用の補助あります。



常勤の医療事務の方も同時募集!※募集を終了しました

 ORCA経験者や眼科勤務経験者優遇、受付会計及び診療補助と電子カルテ入力の業務が必要です。 詳細のお問い合わせや面接ご希望の方は、当院への電話(084-943-3250)にご連絡ください。



アレルギー性結膜炎でお困りの方へ

[2016.10.03更新]

当院は簡便なアレルギー性結膜炎の診断キット(アレルウォッチ)を採用しています

アレルギー性結膜炎の診断は、結膜充血や掻痒感などの臨床症状に加え、結膜局所の好酸球の検出、皮膚テスト、血清中の総IgEや特異的IgE測定などの血液検査が必要です。しかし、煩雑な検査は日常臨床において頻繁には行えず、また必ずしも結膜炎の病態を正しく反映していないことがあります。
涙液や眼脂を検体とした場合、検体量が微量であるため、なかなか実用的な検査法はありませんでした。アレルウォッチ涙液IgEは、日本で初めて涙液中の総IgEの測定を可能にしたキットです。検査は、小さなキットを結膜に挟み、涙液を採取して約10分後に判定します。アレルゲンの特定はできませんが、診断に苦慮する通年性アレルギー性結膜炎や感染性の結膜炎の鑑別には有用です。


アレルウォッチ涙液IgE

アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)を当院にて行えます

現在のアレルギー性結膜炎の治療は、スギやハウスダストなどのアレルゲン(抗原)の接触により誘発されるケミカルメディエーターやヒスタミンを、点眼にてブロックして症状を抑えるものです。すなわち、発症した時に抑えるというもので、再びアレルゲンに暴露されればその都度つらい症状が出現します。
H26年10月からスギ花粉、H27年12月からダニ抗原に対して、根本的な体質改善を目指すアレルゲン免疫療法が可能となりました。機序としては、アレルゲンを口腔粘膜下に浸して免疫寛容を成立させ、外界からのアレルゲン進入時に過剰なアレルギー反応を起こさせない体質に変えるというものです。血液検査で確定診断した後に適応を考えます。しかし、現在はまだ2種類の抗原に対する治療しかありませんし、気管支喘息の方や12歳以下の小児は使用できません。お悩みの方は主治医にご相談ください。


アレルゲン免疫療法

当院はエピペンを常備しています

ハチ毒や食物及び薬物に対するアナフィラキシー(短時間に全身にあらわれる激しいアレルギー)反応に対する、1筒にアドレナリン0.3mgを含有する補助治療薬です。
近年増加しつつある食物アレルギーに対するアナフィラキシーは、その発現から心停止までわずか30分と報告され、可及的に早期の対応が要求されます。エピペン使用者では、その82.2%で症状が改善し、緊急時の力強いツールとして、当院では常備し緊急時のシステムを構築しています。


エピペン



初診受付サービスのご案内

[2015.10.30更新]

インターネットから「初診受付のお申し込み」が可能です。是非ご利用ください。


[2015.04.02更新]

ビジネス情報誌に掲載されました

ビジネス情報誌3.20号に掲載れました。
記事はこちらをご覧ください。


[2015.04.02更新]

その症状、「流涙」ではありませんか?

東手城ヘルスケアモール フジイ眼科 藤井一弘 「涙道閉塞」治療に実績 故郷に先進的医療を いつも涙がながれてしまい
困るけど我慢すれば・・・
そんな悩みを抱えていませんか?

涙で潤んだ瞳は美しいけれど
悲しくもないのにいつも涙があふれてしまう。
もしかしたら流涙かもしれません。

「流涙」についてお知りになりたい方はこちらをチェック!
【提供元】株式会社カネカメディックス http://www.kaneka-med.jp/



施設名

フジイ眼科

連絡先

(TEL)084-943-3250 (FAX)084-943-3251

ホームページ

http://fujiieye.web.fc2.com

診療時間・休診日

フジイ眼科

インターネットから「初診受付のお申し込み」が可能です。是非ご利用ください。

コンセプト

当院では、結膜炎(Red Eye)やドライアイ(White Eye)などのプライマリーケアーから、 近視遠視乱視の屈折異常に対する眼鏡及びコンタクトレンズ矯正、白内障や緑内障の薬物治療、 糖尿病網膜症に対するレーザ治療に至る眼科一般的な治療を行っています。 並びに、涙道閉塞症に対しては予約にて専門外来を設けております。

手術について

・白内障手術

主に加齢によって混濁した水晶体を、超音波で破砕する機械で除去し、 代わりに眼内レンズを移植する手術です。通常は点眼薬による麻酔のみで手術を行い、 全身的な負担が少ないためご高齢の方でも手術は可能です。 術後は1時間ほど仰臥位にて安静して頂き、眼帯をつけたままご帰宅し翌朝受診してもらいます。 遠方や近方に不自由を感じれは術後1か月して眼鏡調節します。

・涙道内視鏡下手術

涙の排水溝が閉塞しなみだ目の症状の方に、直径0.9mmの涙道内視鏡を目元から挿入し 閉塞部を開放する治療を行います。また再度癒着して閉塞することを防止するため、 目元から柔かいチューブを挿入し2〜3か月後に抜去します。 手術は点眼麻酔と皮下への局所麻酔をして行いますが、入院は全く不要で帰宅後は洗顔も可能になります。
閉塞部の癒着が強く症状がひどい場合は、涙嚢を切開して開放する涙嚢鼻腔吻合術を行います。 当院では手術によって顔にメスを入れずに、内視鏡を用いて鼻腔内から切開する鼻内法を採用しております。

院長紹介

院長 藤井一弘

【学会認定】
日本眼科学会専門医
日本眼科手術学会員
日本白内障屈折矯正手術学会員
日本涙道・涙液学会員

【経歴】
広島県立大門高校卒業
香川医科大学卒業
医療法人節和会 三好眼科 勤務
水島協同病院 勤務
玉野市民病院 勤務
土庄中央病院 勤務
三豊総合病院 勤務

設備機器

・電子カルテ(二デックNavis)
・白内障手術装置(インフィニティー)
・涙道内視鏡(ファイバーテェック)
・手術用顕微鏡(Zeiss VISU160)
・三次元眼底像撮影装置(マエストロ)
・レフトポ(トーメー)
・角膜内皮顕微鏡装置(二デック)
・眼圧計(TONOPATHY:角膜厚補正機能付き)